ウォーキングを利用したダイエットの方法

ウォーキングを利用したダイエットの方法

ウォーキングダイエットは、大抵の人が、気軽に始めることができるダイエット方法です。週に数日だけ、ウォーキングダイエットの日を決めて、あとは歩くだけです。代用品でも何でもいいですが、ウォーキングをしやすい靴や服があれば、理想的です。どのくらいの早さで歩くかは、ウォーキングダイエットの肝です。ダイエット効果が出るくらいにカロリーを使うのであれば、ただ長時間歩くのではなく、ウォーキング自体の早さも関係してきます。ウォーキングによってダイエットをする時には、普通に歩く速度よりも、少し早足だなと思うぐらいの速さで歩くことが大切です。最初から、早い速度でウォーキングする事はできませんから、しばらくして慣れてきたら早く歩くようにしましょう。ダイエットのためには、起床後、朝食前の運動がいいと言われています。体内を巡っている糖の量が、起き抜けは少ないので、そこで運動をすれば体は体脂肪をエネルギーとして消費します。朝食前で、あまりにも空腹の状態でウォーキングダイエットをすると、めまいがしたり、空腹すぎて気持ち悪くなる人もいますので無理は禁物です。朝起きたら、軽くバナナ一本、牛乳一杯を飲んでから、朝食前のウォーキングをするという方法のほうが、楽に続けられるという人もいます。無理をして朝にこだわらずとも、昼や夜など、ウォーキングが可能な時間にやってみてください。20分以上歩き続けることで、血中の糖を消費し終わり、体の中にため込まれている脂肪を燃焼しはじめるようになるといいます。運動時間が20分以下だと脂肪が効率的に燃焼しないので、ウォーキングしてもあまり意味がないのです。ウォーキングダイエットも続ける事が大切なので、まずは無理のない範囲から始めてみてはいかがでしょうか。